新着情報・お知らせ

久保田学園生、驚異の中間考査結果報告!

前回の記事で紹介させていただいた中間考査対策。
自分は何をすればいいのか、それぞれの目標に向け、皆さん本当によく頑張りました。
我々講師陣もその熱い気持ちに応えるべく、様々な対策を行いました。
満を持して挑んだ1学期中間考査。その結果が返却されたので、紹介します。

中1は、初めての中間考査でしたが、
夢野中で5計463点を獲得!英語・理科・社会で学年TOP獲得!各科目、5計でも当然Aランク多数!
を獲得しました。夢野中以外の中学でも5計学年TOPを獲得した中学や、学年TOP1位・2位・3位の1,2,3フィニッシュを決めている中学もありました。

中2は、両中学ともに、学年上位の半数以上を久保田学園生が占めているという結果。湊翔楠は美術の対策授業ももれなく実施し、久保田生平均と久保田生以外の平均は、約25点あるという状態です。

そして中3
夢野中・湊翔楠中学は、お通いの人数も多いので、久保田学園生以外の5科の平均を出してみたところ・・・
久保田生平均―久保田生以外の平均=174.2点!
でした。
久保田生が学校の平均点を上げているという現実がここにあります!

ではなぜこんなに点が取れるのか?

左は中間考査を分析している様子、右は学校のワークをチェックしている様子です。
我々の定期考査対策もまだまだ未完成です。
まずはお子様の答案や問題を見て、課題は何かを、各講師がよく考え、話し合い、深めていく。そして指導に生かす。
思うように結果が出なかった生徒にも、すぐに原因分析・反省を一緒に行い、次へのアドバイスを送る。

講師も日々成長するからこそ、生徒も成長する。そう考えて、日々の仕事に取り組んでいます。

普段ご家庭で勉強している姿を見ない。
このようにお考えの保護者様は多いのではないでしょうか。
しかし、この結果を見て分かるように、久保田学園のお子様は非常に良く頑張ってくれています。自分に足りないものは何なのか、しっかり自分と向き合い、補う努力をしています。
これは保護者の皆様が久保田学園の指導にご理解いただき、お子様を温かくサポートしてくださっているからに他なりません。本当に感謝しかありません。

我々は、お子様や、そのまわりの環境が日々変わり行く中、高い理想を追い求め続けた結果、この地域で長年培った経験とノウハウがあります。

理想追求・現状確認・経験蓄積・感謝

これをモットーに日々取り組んでまいります。(S・H)