新着情報・お知らせ

中学生の1回目の関門、中間考査とその対策。

5月は、中間テストに向けての対策を行いました。

特に1学期中間は、学校の行事(修学旅行や宿泊訓練など)で日程もバラバラ、範囲もバラバラです。
久保田学園では、中学校ごとに異なる日程や範囲だけでなく、生徒の理解度にあわせてテスト対策授業をしております。

例えばある中学校では、中3科目の範囲が、教科書で40ページ以上もありました。学校の授業も進むのが早く、理解はしても整理ができず、学校のワークを進めにくいとの声がありました。
そこで、もう1度要点を整理整頓して、簡単にまとめ、解ける問題を増やし、徐々にレベルを上げていきました。「今日1日でわからなかったところが全部わかった」、「社会かなり手ごたえがある」と言う声も多数聞かれるようになりました。

テスト前は土日に10:00~対策を各学年行いました。授業で内容をインプットし、問題演習まで対策しました。
すると「もう完璧や。」と1人の生徒が言いました。

「完璧」と満足すると、安心してしまい、当日まで伸びきらない可能性があります。
そこで皆さんに「自分の課題・目標は何か?」を紙に書いてもらいました。すると、そのお子様はまだ先があることに気づき、「完璧じゃなかった。まだまだやることはある」とその後は閉館まで集中して授業を受けてくれました。

勉強していると目の前のことしか見えなくなるときがあります。でもそんなとき、どれだけ先を見据え続けられるかで、お子様の頑張りが変わります。

このように、久保田学園では、お子様がどうやれば伸びるのか?を考える講師・環境・良きライバルがそろっています。

夏期講習の募集が始まりました。毎年好評の夏期講習ですので、ご希望の方はお早めに。ちょっと迷っている方は体験授業でぜひ授業をご体験ください。
皆様のお越しをお待ちしております。(S・H)