長田高校・兵庫高校・夢野台高校・神戸高校から難関大学・国公立大学へ現役合格。

採用情報

教室案内

舞子台教室からの新着情報・お知らせ

2021.11.14

小学生から久保田学園に通う意味

先日、ホームページから資料をご請求された方から、あるご相談がありました。

「いつから入塾するのがいいでしょうか。」

お子様がいるご家庭では、みなさんが考えられている内容だど思います。
今日は、そんなお悩みについてお答えさせていただきます。

中学生はいろいろと大変!

中学生になると、勉強の科目量、課題が増えます。また、部活動も始まり、今までのように夕方からゆっくりもできません。

そんな時、机に向かう習慣がないと、学習のリズムがうまく取れず、学校の成績が下がってしまうことがあります。

久保田学園は、そうならないように小学生の時期を『学習習慣をつける時期』として捉えています。

『勉強のやり方』を身につける

なぜ、久保田学園から公立トップレベル高校への進学者が多いのか。

それはズバリ『勉強のやり方(学習法)』にあります。

例えば暗記一つとっても、学習のやり方は様々あります。
一概に「いっぱい書いて覚える」だけが暗記法ではありませんので、お子様にとって最も定着しやすい方法を一緒に模索していきます。

また、久保田学園では授業中などを使って『確認テスト』を行っています。

そのために自分がどれぐらいできるのか、×がついたらどうやって○にするのか。
ここに得点力アップの秘訣が隠されています。

こういった『勉強のやり方』を身につけるのは、小学生からが最もよいと考えております。

実際のお子様たちはどう思っているのか

この記事を書きながら、大人の感じ方とお子様たちの感じ方は違うかもと思い、実際にアンケートを実施しました。

アンケートのテーマは『久保田学園に入って学習・生活面で変わったこと』です。

実際にあったものをご紹介させていただきます。

また、他にもうれしい内容がありましたので、こちらもご紹介させていただきます。

お子様の成長を見られて、我々スタッフも元気をたくさんもらえます。

久保田学園を体験してみませんか?

教室でリアルな雰囲気を体験していただけるように、久保田学園では1日無料体験(無料)をご用意しております。

また、12月・1月は『久保田学園がある学校生活』を体験していただける冬期講習をご準備しております。

新学年に向けた塾選びの材料として、ご検討いただけたら幸いです。
お問合せ、ご相談お待ちしております!



一覧へ
ページのトップへ戻る