長田高校・兵庫高校・夢野台高校・神戸高校から難関大学・国公立大学へ現役合格。

教室案内

北鈴蘭台教室からの新着情報・お知らせ

2021.8.7

2学期の結果は8月の取り組みで決まる!

~1学期 通知表結果~

1学期の通知表結果が出ました。
一部ですがご紹介させていただきます。

このような結果が出るのは、入試に向けた実力養成だけでなく、
学校の定期考査対策提出物に意識を向け続けた結果だと感じております。
久保田学園の定期考査対策などについては、以下の記事をご覧ください。
「はじまる!期末考査対策!」

その取り組みの1つとして、今回は夏休みの過ごし方についてご紹介させていただきます。

~8月以降の過ごし方について~

8月になりましたが、夏休みの宿題は順調に進んでいますでしょうか。
中学生は、夏休みの終わりに課題実力考査が行われます。
この考査は、これまでに学習した内容すべてがテスト範囲になります。

しかし、テストの内容に目を向けてみると、
夏休みの課題であるワークなどからの出題が多いことがわかります。

夏休みの課題をただの課題と捉えるのではなく、
復習の機会として、また基本的な部分が理解できているかどうかの確認として考える必要があります。

”夏休みの課題は早めに終わらせましょう”ということは誰もが言われたことがあることだと思います。

その理由は、なんでしょうか?

普通の夏休みであれば、夏休みの課題はギリギリまで残ってしまいがちです。
後から慌てなくてもいいように”早めに終わらせましょう”
もちろん、それも理由の一つですが、我々はそうは考えません。

むしろ1回目が終わってからの取り組みが重要であると考えます。

1周目を早く終わらせることで、残りの期間に
”できなかった問題をやり直す”ことが重要です。

夏休みの宿題を課題と捉えるのか、
これまでの学習内容の復習と捉え、できなかったことをできるようにする機会と捉えるか、
この意識の違いが今後の学習やテストにおいて大きな意味を持ちます。

だからこそ北鈴蘭台教室では、夏休みの進捗状況のチェックも実施いたします。
先日行った中学2年生のチェックの際に、すばらしいワークを発見したのでご紹介させていただきます。

付箋がついていることが分かります。
チェックの際に付箋のページを見てみると、間違えた問題があるページでした。

久保田学園では、問題の解き方だけでなく、このような学習の仕方を指導しています。

また中学生だけでなく、小学生も
中学生に向けた”できない問題をできるようにする”練習期間だとお考え下さい。
学校の宿題や塾の宿題、確認テストを通して、
”できない”を”できる”ようにする反復学習に取り組んでいただきたいと思います。

少しでも気になる方は、体験授業や夏期講習、9月入塾も受け付けておりますので、
ぜひご検討ください。

~夏期講習第Ⅲ期 9月入塾募集中~

夏期講習はすでに始まっていますが、お盆休み明けからの第Ⅲ期のコースは、
今からでもお申込みいただけます。

また、体験授業や実力診断テスト(無料)も実施しております。
夏期講習の受講はちょっと…という方も、
これまでの学習内容の定着確認のために実力診断テストの受験や、
体験授業をご利用ください。

9月からの途中入塾も受け付けております。
進度に違いがある場合は無料でのキャッチアップ補習も実施しておりますので、
お気軽にご相談ください。


一覧へ
ページのトップへ戻る