長田・兵庫・神戸・星陵・御影・夢野台高校から難関大学・国公立大学へ現役合格。

採用情報

教室案内

西神中央教室からの新着情報・お知らせ

2022.6.29

参加率90%!定期考査前の日曜日

日曜日は定期考査前の中学生にとっては、テスト前の学習を進める非常に重要な日です。
6/19(日)、26(日)は12:00~22:00で教室を開館し、期末考査の学習を行いました。

教室は大盛況で、考査前の生徒の約90%が来塾しました。

本日、期末前の学習でなぜこんなに、たくさんの方が日曜日なのに来塾するのでしょうか。その理由を解説します。

1,日曜日に対策授業を行っているから。

考査直前の授業日を時間のある日曜日に振り替え、考査の日は自分で暗記などに充てられるように、中学ごとに日程を調整しております。今回は、主に試験が次週の前半にある中学の授業日を、日曜日に振り替え実施しました。

対策授業では、各科目頭に入りにくい内容を指導します。中学2・3年生は、以下のような流れで対策をしました。

①予め生徒の苦手分野を集めます。               → ②その範囲を対策していきます。

中学1年生は初めての考査の方が多いので、勉強のやり方の基本から指導しています。


西神中央地域では、考査の難易度は全科目高く、内申を確保していくために、このような対策は必要なものになっています。

2,これまでの授業で出た苦手単元のフォロー補習を行っているから。

考査対策の授業では、現状得点が取れる力があるのかを確認しています。洗い出した苦手な部分は、日曜日のフォロータイムで反復を行い、克服します。

3,集中して自習・質問ができるから。

自習の様子                                                                                      質問の様子

考査前にもっと勉強したり、わからないところを解決したい・してほしいと思う方は多くいらっしゃると思います。対策授業や補習をきっかけにして、終わったら集中して勉強し、ついでに質問。家で行う残りの学習に弾みをつけられる、そんな日曜日になりました。

今回の考査対策でお子様のモチベーションが高かった理由としては、前提をしっかり整えたことも大きいと思います。
3月立ち上げから、事前の目標設定、保護者様との個別懇談会での学習の問題点の把握・相談、生徒との学習カウンセリング、日々の授業での小さな躓きをフォローしてきたこと・・・この1学期末にどういった結果を得たいかを描いてもらい、その上で指導にあたってきました。

生徒の皆さまには、「塾を上手に活用しよう」そうお話ししています。
本日は塾を上手に利用できたお子様が多くいらっしゃり、充実の日曜日になりました。

家庭学習や学校での勉強が、今よりもっとうまく出来るように、そして成績が上がるように、生徒の皆さまは塾に通われるのだと思います。

塾を活用し、学習習慣・取り組みの改善や、学力を上げていきたい方は、ぜひ夏期講習にお越しください。学年によっては、残席わずかになり始めていますので、お早めにお願いします。

一覧へ
ページのトップへ戻る