長田高校・兵庫高校・夢野台高校・神戸高校から難関大学・国公立大学へ現役合格。

採用情報

教室案内

舞子台教室からの新着情報・お知らせ

2020.11.30

勉強は「よくわかる」だけではダメ!?

「わかる」と「できる」の違い

授業をしていると、お子様たちから「わかった」「なるほど」などの声をよく頂戴します。
しかし、しばらくしてからもう一度同じ内容を学習すると
「あれ、なんだったっけ?」となることもあります。
これは理解力が足りないのではありません。
「できる」ようになるために、授業を受ける以外の学習が必要だということです。
さて、それはなんでしょうか。

「できる」ようになるために

ズバリ『宿題(=問題演習)』と『勉強のやり方』です。
実際に、授業で習ったことを自分のものにする為には「練習」が不可欠です。
久保田学園では、「わかる」授業は勿論のこと、「できる」ようになるための宿題・カリキュラムがすべて揃っております。

「できる」ためのこだわった久保田学園流プロセス

・間違えたり、わかならかったときは…
授業内での宿題点検は解いて終わりではなく、間違えた問題をできるようになるまで繰り返しているかなど、勉強のやり方の部分までチェックします。
もし、分からない問題があって放置してしまった場合は、授業後に講師と一緒に確認します。

・本当にできるようになったか?
また、宿題の内容からテストを作成し、宿題でやった内容が本当にできるようになったかの確認も行います。
もし、決められた基準(=得点)を超えられなかった場合は、再テストとなり、別日に講師からお呼び出しをして個別補習します。

「わかる」授業と「できる」システムを体感!

久保田学園の冬期講習は、学校がある中で久保田学園をご体験いただけます。
中学校の教科書が変わるなど、環境の変化はたくさんあれど、勉強の“やり方”と”取り組み姿勢”は変わりません。
久保田学園の正統派学習指導を、ぜひご体験ください。

一覧へ
ページのトップへ戻る