久保田学園が目指すもの

久保田学園 塾長 ご挨拶

久保田学園をもっともっと魅力的な塾にすることを目指しています。

塾の魅力とはすなわち先生たちの魅力であると考えています。教材やシステムは大切ですがそれ自体が魅力であるという塾ではもちろんありません。魅力的な塾とは子どもたちがいきいきと学習する塾であると考えていますが、そのために必要なのはやはり先生・人の魅力であると考えています。

先生の魅力には、大きくわけて3種類のものがあると考えています。

一つは授業の魅力。良く分かり、やってみたらできる。新しいものごとが身につくことから世界が広がっていくような感覚。わかる喜びを与えてくれる先生の魅力。

二つは人としての魅力。簡単にいえば、この先生のいう事なら聞いてみよう。個性にあふれていて何故か惹きつけられる人生の先輩としての魅力。

三つは自信にあふれた人間としての魅力。久保田学園の先生たちは個性あふれていつつも、生徒の事を第一に考える集団の一員であるという自負から生まれてくる自信。またそのために自らの成長を常に考える真摯さ。

これら3種の魅力を兼ね備えた先生たちが教室で授業を行い、子どもたちがいきいきと学習する。そんな魅力あふれる塾にすることを目指しています。


生徒、塾、ご家庭、この三者の力を足し合わせて生徒を育む、これが久保田学園の考える「協育」です。
このような「協育空間」をつくり、生徒を社会に貢献できる自立した人間へと育てること。これが私たち久保田学園の最終目標です。