長田高校・兵庫高校・夢野台高校・神戸高校から難関大学・国公立大学へ現役合格。

採用情報

講座のご案内

高校部について(1年生・2年生・3年生)

  • 長田高校・兵庫高校・神戸高校・夢野台高校から
    難関大・関関同立へ現役合格

  • イメージ
高校部の年間スケジュール
年間スケジュール

指導方針将来の難関大学合格のための「本物の学力」を鍛え上げる

  • 現役3年間トータルコーディネートの逆算カリキュラム

    現役合格のカギを握るポイントは次の3つです。学校の授業を活かしながら、英語・数学を早く固める事。自分の将来を考えながら早めに志望大学・学部を固める事。入試から逆算して一番重要な高校2年生で部活をやりながら学習量を増やす事。これらを可能にするために久保田学園では過去約半世紀研究を重ねた充実したライブ授業はもちろん、日本最大の予備校の河合塾がプロデュースする現役生専門の河合塾マナビスを大いに活用し、真の現役合格の3年間の逆算カリキュラムを提供しております。

  • イメージ
  • 高校1年生

    1年生は英語・数学の基礎力をつける時期です。英語・数学を優先して学習することで、教科書レベルから大学入試レベルまで学力を引き上げます。学校のテストでの高得点を目指すだけでなく、大学入試まで考慮に入れ、英語・数学以外の科目も必要に応じて対策授業を行います。また、学校の授業に基づいた定期考査対策が充実しているのも特徴の一つです。

  • 高校2年生

    早くも英語・数学は基礎的な入試問題の演習を行います。部活動が忙しくなりますが、大学入試への意識を高めるイベント行います。現役合格のカギを握る2年生の2学期より、国語・理科・社会を本格的にスタートするために、部活動との両立のできる河合塾マナビスを併用し、受験の準備を始めます。志望大学や科目の成績状況によって、生徒一人ひとりにピッタリと合ったカリキュラムをご提案致します。

  • 高校3年生

    部活動引退後の6月からは「アラカルト講座」が始まります。アラカルト講座では英語・数学の授業がレベル・目標別になり、受験に必要なレベルに合った授業を選べます。英語・数学はもちろん、河合塾マナビスとのトータルバランスを見ながら、充実した受験指導を行います。生徒一人ひとりの各科目の学習状況や成績状況と志望大学とのギャップを埋めるべく的確な学習アドバイスをさせていただいております。

システム公立トップレベル高校の授業内容を大学入試へ活かす現役合格システム

  • Live授業の強み!+トレーニング!

    Live授業の良さは、なんといっても「集団指導の強みを生かし、高いレベルまで理解を引き上げる」ことにあります。しかし、高校での学習内容は、「わかった」からといってすぐに「できる」ようにはなりません。「できる」までには多くの演習が必要です。そこで久保田学園では演習量の確保を促すため、「トレーニング教室」と呼ばれる演習を行う機会を随時設けています。

  • イメージ
  • 学校の授業を最大限利用

    学校の学習進度を踏まえて展開する授業で、学校での好成績も確保。学校の授業を最大限利用した、効率の良い学習支援ができるのは、Live授業の久保田学園ならではの強みです。

  • 補習用映像教材でサポート

    高校部の講師が作成した、単元別の補習用映像教材(理科・国語など)も無料で受講可能です。定期テスト前には、多くの生徒が上手に活用しています。

現役生を支える充実したサポート体制
  • 欠席や遅刻もサポート授業VTR+質問対応

    部活が忙しい高校生はやむを得ず授業を欠席・遅刻することもあります。久保田学園では、全授業を録画しているため、都合の良い日時に映像での補習が受けられます。映像補習後の質問にもスタッフが対応します。

  • 学習計画をサポートするチューター制度

    学校・部活と学習の両立をサポートするため、チューターや講師が一緒に学習計画を立てて、毎週進捗を確認し、計画的な自学自習をサポートします。

  • 仲間とともに合格を勝ち取る学習環境

    土曜日・日曜日・祝日を問わず終日夜10時まで自習室を開放しております。塾の授業内容だけでなく、学校課題の分からないところも担当講師に質問していただけます。

教科指導大学受験からの逆算カリキュラム「考える力」を養成

ご覧になりたい科目をクリックしてください

  • 英語
  • 数学
  • 国語/理科/社会
  • 約半世紀の蓄積に基づく効果的指導法

    一般的な英語指導法として、一方的に覚えさせていく方法(記憶力重視型)が広く取り入れられています。その結果、生徒は単語集などで単語を詰め込み、英文を勘に頼って訳しています。しかし、これでは英文を構造的に理解することはできず、成績も知識の有無に大きく左右されてしまいます。
    当塾では考え方重視の授業を行い、英語の捉え方(何を、どのように考えるべきか)を中心に指導します。型にはめた解法の暗記ではなく応用力を養う指導で、難関大二次試験を突破します。また、リスニングの成績は英語の筆記試験の成績にほぼ比例しますので、高校1年生・高校2年生段階では正しい英文の理解、正しい単語の発音中心に学習することが重要です。高校3年生は当塾オリジナルトレーニング教材を用いて、センター試験リスニング対策を行います。

  • 難関大合格の鍵を握る数学力の徹底養成

    高校に入学後、中学校の学習内容とのレベルの差を最も感じるのが数学です。中学時代に数学が得意だった人でも高校数学には苦戦します。高校数学の特徴は「わかる」から「できる=解ける」までの間に大きな壁が存在することです。
    久保田学園では、「できる」ようになるための演習の時間である「トレーニング教室」を随時開催しています。高校数学において一番大切なことは、「難しい問題を解くこと」ではなく、自分のレベルに合った「基本的な計算技術・解法の徹底訓練」です。この壁を乗り越えた先に成績の上昇、大学入試突破があります。
    高校1年生から高校2年生にかけては、受験に必要な基礎学力を身につけ、高校2年生後半より志望校別の対策を行います。

大学入試へ現役合格するために最も重要な科目は英語・数学です。しかし、現役生と浪人生の学力差が一番大きく開いているのは国語・理科・社会です。理由は簡単で、現役生と浪人生で受験勉強時間の差が一番大きいのが国語・理科・社会だからです。
久保田学園では高校3年生からではなく、高校2年生の2学期から国語・理科・社会の受験勉強をスタートできるように、高校1年生から必要に応じて学校の定期考査を目標に学習を促し、定期考査対策でポイント指導して、基礎力を固めております。
志望大学や学部が固まる高校2年生の2学期からは、部活動をしている生徒でも学習時間を増やすことのできる、映像授業の河合塾マナビスを用いて、生徒一人ひとりの志望校や各科目のその時の習熟度に合わせて、パーソナルなカリキュラムを提案し、無駄がなく受験勉強が出来るようにサポートしております。

ページのトップへ戻る