久保田学園グループの取り組み

久保田学園グループでは、生徒・保護者の皆様からのご支援・ご協力をいただき、様々な社会貢献活動を行っております。生徒・保護者の皆様に、心より御礼を申し上げます。

塾を通じて、社会とつながる

久保田学園グループの社会貢献活動が、「自分ではない誰かのために、行動する」という経験、「いつでもボランティア活動に参加できるんだ」という意識を生徒の皆さんに持っていただくきっかけになればと願っております。
久保田学園は今後も社会とつながる活動を続けてまいります。

社会貢献活動―Kポイントを使って―

久保田学園グループにはKポイントというポイントシステムがあります。生徒は通塾や模試の成績などで貯めたポイントを、自分や家族のための「ご褒美プレゼント」として希望の品物と交換することができます。またKポイントを社会貢献活動のために寄付することもできます。

現在実施中の社会貢献活動「マラウイへの教育物資の支援」

おうちに眠る物資をあつめています

マラウイは南部アフリカのマラウイ湖に沿って位置する、日本の約1/3の大きさの国です。「The warm heart of Africa」と呼ばれ、独立以降一度も戦争をしたことがなく、また人々も穏やかで優しく助け合いを重んじる、治安のいい平和な国として知られています。
その一方で、一人あたりのGNIが320ドルと世界最貧国の一つとしても知られています。公立学校では、1クラス約200人の子どもたちが机も椅子も無く学習しており、文房具などもほとんどありません。体育の授業中は200人に対してボールが1つしかなく、また音楽の授業では楽器が一つもありません。
もし、少しでも道具が増えればマラウイの子供たちの学習機会が増え、教育に貢献できると考え、JICA青年海外協力隊で活動する長井優希乃さんの要請のもと、この度支援に携わることとなりました。

教室にポスターを掲示しています


マラウイで活動する長井優希乃さんからのメッセージ

第1便を発送しました

5月15日に、兵庫中央教室の生徒・講師有志のみなさんで、寄せられた物資の仕分け・箱詰めを行いました。

マラウイに向けての物資の仕分けをする生徒の皆様

寄せられた物資を仕分け・箱詰めしました

5月17日にメッセージを添えてマラウイに向けて発送しました。

マラウイの皆様へのお手紙

マラウイの皆様へのお手紙

マラウイに寄付物品第1便が届きました

先日発送した物品がマラウイに届き、開封する様子を現地で活動する
長井優希乃さんが知らせてくださいました。

いつもお世話になっております。JICA 海外協力隊員の長井優希乃です。
7/9(火)午後、首都の JICA オフィスに届いたご寄付物品第⼀弾が、ミニバスとバイク便を乗り継いでマタピラに届きました。
JICA海外協力隊員の長井優希乃、マタピラ小学校教員8年生担当Harrintong Sakhula先生、ACCO(学区における統括役教員)の T. G. Banda 先生の三者で、学区の代表として荷物を開封、確認させていただきました。梱包など、とても丁寧にしていただいて、誠にありがとうございます。

【開封の様子】
荷物が届いた瞬間、Sakhula 先生も、Banda 先生も、まず荷物の大きさに驚いて、中身を早く見たいとワクワクした様子でした。

受け取りを喜ぶ二人(右:Sakhula 先生、左:Banda 先生)

まず、開封してすぐにお手紙と写真を見つけ、皆で読み、久保⽥学園の皆様のあたたかいお気持ちと、こうやって仕分けて箱詰めをして、はるばるマラウイまで送ってくださったこと、また生徒の方々が行なってくださったことなど、様々な思いがこみ上げ、3人で感動してしまいました。

笑顔の生徒さんの写真を見て、Banda 先生が「なんて可愛い笑顔の子たちなんだ!」と感激し、また、教室が見える写真には、「日本の教育環境は素晴らしいね、綺麗な教室だ」と驚いていました。
また、服がとても綺麗なものばかりで、驚いていました。

手紙を読んで、写真を見ている様子

また、筆箱を見つけた Sakhula 先生は、「結婚式に持っていくカバンみたいだ!」と踊り出してしまいました。

筆箱を手に踊り出す Sakhula 先生

レインコートも、最初は小さなバッグに入っていることに感動し、取り出したあとは、素敵だ、試しに着ていいかと言って二人とも試しに着てみていました!

レインコートを見つけ、着て喜ぶ 2 人

とってもワクワクした楽しい確認の時間になりました。文具などもたくさんあり、充実した教育活動のための大きなサポートになります。
本当に、ありがとうございます。

【今後の動き】
今後、校長会議を招集し、ゾーン(学区)の 12 校にいただいた寄付物品を分配します。
また、分配の際にそれぞれの物品の正しい使い方についての講座を開きます。各校で物品管理責任者を決め、正しい使用と管理の徹底を行います。
文具などについては、基本的に学校の教材として保管し授業で使わせていただきますが、洋服やノートなどについては、各学校で「特に必要としている」子を教員が選び、受け渡しを行おうと考えております。
また、レインコートについては、「生理用ナプキンを作る材料にする」とのことで必要物品リストに入れさせていただいたのですが、あまりに綺麗で切って材料にしてしまうのはもったいないとのことで、レインコートのままで使用させていただきたいと考えております。
この度は、ご寄付第⼀弾の送付誠にありがとうございます。また、各学校に分配された際など、進捗をお知らせしたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

長井優希乃

今までに行った社会貢献活動

車いすの寄付(第2回)

平成25・26・27年春卒塾の生徒さん他からの寄付183,537円と、平成28年春卒塾の生徒さん他からの寄付93,505円を合計した277,042円と、会社からの同額寄付を合算し、総額554,084円で車いすを神戸市に寄付いたしました。
・西区社会福祉協議会に11台(子ども用自走式1台、大人用自走式10台)
・垂水区社会福祉協議会に11台(大人用自走式5台・大人用介助式6台) 計22台

車椅子

災害に対する救援募金活動

・平成28年度は熊本・大分の地震への救援募金(総額73,822円)を行いました。