Topics

「(中学生)1学期のスタートダッシュ、模擬中間考査対策スタート!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

①久保田の『模擬中間考査』とは

久保田学園で独自に作成した模擬試験です。舞子霞ヶ丘教室の生徒の皆さんがお通いのほとんどの中学校で、1学期の中間考査が行われないためです。

模擬中間考査を設定することで、期末考査に向けた練習ができます。

期末考査直前になって、膨大なテスト範囲に慌てるのではなく、いま復習できる範囲はしっかりと理解を固めることができます。
その結果、期末の際には実技教科などにも学習時間が確保できるので、通知表アップにもつながるのです。

②久保田の『対策授業』とは

久保田学園では、定期考査の2週間前から学校別クラスに別れ、学校の試験範囲に基づいた授業を行います。

普段は英語・数学の先取り授業を行ってますが、2週間前からは英・数・国・理・社の5科目の授業を行います。
また、分からないところなどは土日補習を利用して、多くのお子様が週末も久保田学園に足を運びます。

③久保田学園の『土日補習』とは

授業を受けるだけでは「わかる」ことはできても、なかなかテスト本番で「できる(=得点が取れる)」ようにはなりません。
「できる」までにはたくさんの演習をする必要があります。しかし、分からないことが多いと中々手が進まないことも多いでしょう。

その手助けとして久保田学園では土日補習を毎週ご用意しており、お子様一人一人に質問対応・学習法指導などを行っております。

体験授業も各種ご用意しております(1回・4回・8回)。※一回体験のみ無料です

塾をご検討されているご家庭は、是非テスト前のこの機会に久保田学園の授業をご体験ください。