デュアルカリキュラム式英語~2020年へ!~

デュアルカリキュラム式英語とは

学校の授業を活かしつつ、大学受験から逆算したカリキュラムで理解を重視した指導を行う「メインカリキュラム」と、英検を目標にICTを活用して個人個人の英語力に合わせた内容を学習する「パーソナルカリキュラム」を並行して学ぶことでより効果的に英語力を伸ばす、久保田学園の新しい英語カリキュラムです。

メインカリキュラム 学校の授業を活かし志望校合格へ

img_1734_s

大学受験指導の教室をルーツとする久保田学園では、従来より高校・中学校の授業を活かしつつ、言語の構造を理解することを重視した指導を行ってきました。

しっかりとした理解をベースにして、難関大学入試の英語にも対応し、文系・理系ともに多くの合格実績を挙げています。

パーソナルカリキュラム 一人ひとりのレベルに合った学習を

dsc_0172_s

近年、ICTの進化で、学習を支援するシステムが多く生まれ、大きな効果をあげるようになってきました。これらのシステムでは問題や解答についての多くのデータを利用し、一人ひとりのレベルにあった細やかな指導を行うことができます。

こうした新しい技術を取り入れて、英検への合格を目標に据えて指導を行うのがパーソナルカリキュラムです。

デュアルカリキュラムが必要な3つの理由

小学校での英語が「教科」になるため

これまで「外国語活動」として、通知表で評価されることのない活動だった小学校での英語が、2018年からは「教科」となり、本格的な指導が行われるようになります。

子どもが日常生活の中で英語に触れる機会、英語を学ぶ機会については個人差が大きくあります。そのため一人ひとりの力にあった指導が必要となります。

英検等を利用して「英語4技能」が評価されるため

2020年に、大学入試の制度が大きく変わります。センター試験が終了し、これまでとは違う形で試験が行われます。この新しい試験では、記述式問題の導入などいくつかの変化がありますが、一番大きく変化するのが英語での評価のしかたです。「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能で評価されるようになります。

しかし大学入試のしくみの中で一斉に行われる試験では評価が難しいため、英語検定などを代わりに使用することが内定しています。つまり、英検の上位級を取得することが大学入試の成績に直結するようになるのです。

ICTを利用して効果的な指導ができるため

4技能のうち「話す」について、従来のクラスでの一斉指導では困難なところがありました。しかし、タブレットなどの機器ですぐれたシステムを利用して、大変効果の高い指導を行えるようになりました。

英語を使いこなすことは「前提」

仕事でも、プライベートでも世界とつながることがもはや当たり前の時代です。街で外国人を見かけることも多く、SNSなどで海外の友人とやりとりをする機会もたくさんあります。

英語は「特技」ではありません。敬語を使って接客をするのが普通であるように、英語を使って研究や仕事で成果を上げるのがこれからは普通のことになっていくでしょう。

ご近所のかたと世間話をするように、英語を使いこなして周囲の人と意思疎通をすることが、仕事や生活の前提となるのではないでしょうか。

久保田学園だから「並行して最大の効果をあげる」

20151106_mk002trim

一人ひとりの手元まで見る指導を続けてきた久保田学園では、ICTを利用したからといって、コンピューターにお子さまを任せっきりにすることはありません。学習の進捗はシステムに蓄積され、講師はそれを確認し、適切に関連付けながら、集団での授業や補習などの個別での指導にあたります。

久保田学園では、自立し、社会のリーダーとして成長するお子さまに、「前提」としての英語を確実に身に着け、グローバルな活躍を遂げていただきたいと考えています。

「最高の協育空間を提供する」理念のもと、培ったノウハウと新時代の指導を融合させて、ベストの指導を追求してまいります。